2015/10/17 18:47:17 |

デート先も実に魅力的な場所を選んでくれるのがアラフォー女性の良いところです。若い人のように、ゲームセンターやバッティングセンターなどではなく、芸術に触れられる美術館や庭の素敵なガーデンを選んでくれたりするのです。

 

噴水があったり、イルミネーションが素敵に飾られているところを探してはデートに誘うのが上手いのです。

 

無駄というものが嫌いなアラフォー女性は、デートを全て自分で一度計画を立て、かかる費用などを計算しては無駄のないデートを考えてくれることもできます。予約などもスムーズにやってくれていたりして、何かと頼もしいものです。

 

ドライブをしていても、地図をしっかりと見ては、次はどの道を行けばより時間短縮となるかを考える力があるアラフォー女性ならば、より早く目的地に行くことができたりします。

 

サクサクっと安くて美味しいお食事処を探すのも上手く、男性が迷う前にしっかりと探してくれるのもアラフォー女性の魅力です。

 

ショッピングでも「あれ買って」とか「これ欲しい」とあまりおねだりしないのもアラフォー女性の魅力です。買いたかったら自分で後から買おうとか、男性のお金をあまり使わずに、将来的に大事なことにお金を使って欲しいと考えてはあまり使わせないという考えがあります。

 

安いものをたくさん買ってゴミにするよりも、高いものを1つ買って大事に使おうということができるのもアラフォー女性の魅力です。男性にもおのずとそういったことをして欲しいと考えますから、男性もますます品のある物を身につけては素敵になります。

2015/10/02 15:23:02 |

独身アラフォー女性の恋愛は純愛であると思います。
20代は何も苦労せずにも出会いも多く、可愛がられます。
しかし30代になるともうすでに結婚している人が多くなり不倫関係に陥りそうなことが増えてきます。

 

子育てをしている友達も増えて、さらに仕事もつらくなり自分に余裕ができなくなるのが30代ですね。

 

よく女性は40歳からが面白いと言いますが、その通りです。
20代は仕事も遊びも忙しく中途半端で恋愛もしなくてはなりません。

 

しかし、40代になると仕事も要領を覚え、自分がどう生きていきたいのかに意識が移るようになります。

 

40代の男性は、離婚をする人も増えバツ1男性との純愛が始まることが多いのです。
なかには、不倫して略奪恋愛をする人も増えるでしょう。

 

40代で働いている女性は、20代のようにキャピキャピとはしていません。
しかし、余裕と包容力がとても魅力的になっています。

 

もう子供も産まないという選択をするアラフォー女性が増え、もう家庭を作るとか、子供を作るというより

 

「自分の心が本当にこの人と共鳴し合うか」という深い精神的な安心感や満足を得ようとしていることが多いのです。

 

また、男性に子供がいてももう子育てもひと段落している人が多く第2の人生を歩もうとしている人も多いですね。

 

盛大に結婚式をあげなくてもいいから、純粋に人と一緒にいる楽しさなどを求めていくのが40代の恋愛です。

 

お互い自立していう大人として落ち着いた恋愛ができるアラフォーは第2の青春だといっても過言ではありません。

2015/09/11 19:03:11 |

独身アラフォー女性が1年以内に結婚を目指したい時は、婚活サイトに何個も登録するより、結婚相談所に入会して在籍コンシェルジュにお見合いのセッティングをして貰うのが一番効率的です。
何故なら、結婚相談所で出会った場合の成婚率はネット婚活よりも割合が高いので、期間を定めて結婚を目指すならお見合いでの出会いが断然有利です。
そしてネット婚活と比較して結婚相談所が優れている理由は、会員登録メンバーにサクラや既婚者が一切紛れておらず、きちんと独身証明書を提出した男性のみに出会えるので失敗するリスクを回避できます。
又、利用者の希望に出来る限り添えるように、膨大な会員データベースの中から高確率で性格や趣味がマッチングする異性を2,3人毎月紹介してくれるので、婚活パーティーや合コンのように異性と出会えないで帰宅するという事がありません。
独身アラフォー女性なら、ある程度仕事のキャリアも充実して貯金も貯まってくる年代なので、少々高い費用を出しても結婚相談所で将来の伴侶をラストチャンスという気合で探す価値は十分あるでしょう。
特にアラフォーから婚活を始める場合は、やはりタイムリミットがあるので、成婚率が高い大手の結婚相談所に入会したほうが手厚いサポートを受けられて手応えを感じやすいです。
又、会員も大手なら幅広い年代の男性が登録しており職種も様々なので、晩婚にも柔軟な考えを持っている人に出会える確率は極めて高いです。
もし20万円程度の出費を惜しまないなら、各結婚相談所をよく比較した上で会員サービスが評判の良い所に入会してみましょう。
そこで、ぜひおすすめしたいサイトがあります。
こちらのサイトでは、結婚相談所のことやアラフォーの独身についてなどの情報をお伝えしているサイトです。
参考になると思いますので、ぜひご覧ください。
http://独身アラフォーの結婚婚活.com/

2015/09/07 20:17:07 |

あるアラフォーの友人は美人でスタイルも良くて賢く、「なぜこの人が今まで独身だったの?」と思うような女性なのですが、婚活で失敗を繰り返しては相談してきます。その原因は突き詰めるといつも同じで、男運のなさから女性としての自信を失ってしまったがゆえ、とにかく自分を望んでくれる人なら誰でもいいという姿勢にあります。自分自身がハイスペックなので逆に年収や家族構成にはあまりこだわらないようですが、そのぶん問題のある男性とばかりデートをしては嫌な思いをしているのです。具体的に言うと、モラハラです。
家庭内の暴言や過度の束縛が原因で離婚する夫婦が増えている今、結婚前から嘘や粘着など、その片鱗をうかがわせる相手だけは選ばないようにしましょう。モラハラする男性は最初だけは優しくするので、特に自己評価の低い女性は感激してしまい犠牲になりやすいのです。その友人も「時々豹変するし酷いこと言われるけど、ふだんは優しいから…」と言いますが、それこそが常套手段です。
いくら年収や学歴が高くても、人格否定をしてくる人といて幸せになれるでしょうか?婚活と言うとまず条件面にばかり頭がいきがちですが、その人のモラルや常識をまずはしっかり見極めることが大切です。「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えないなど、人として当たり前のことができない相手には、どんなに耳触りの良い言葉をかけられても盲目にならずNOを言えることが必要です。幸せになるために婚活をしているという、最初の目的を忘れないでくださいね。

2015/09/05 16:49:05 |

独身アラフォー女性と聞くと、仕事がバリバリできて、結婚より仕事を優先にしてきたというイメージが大きいと思うのですが、案外、「いい出会いがなかった」や、「結婚するつもりで付き合っていて、気づいたらアラフォーになっていた」という人も多いようです。

 

アラフォーになるまで独身で来たので、結婚に対するハードルが高いような気がするというのは、あながち間違っていないかもしれませんが、実は、男性とお付き合いをした経験があまりなく、とても純粋な女性もいます。
アラフォー女性は、仕事が大好きすぎて、結婚願望がないのではないかと思う人も多いかもしれませんが、結婚願望がある人も多いようです。

 

ただ、20代のように、好きという気持ちだけで結婚するというのは、どちらかというと抵抗があり、「結婚するなら、金銭的に余裕がある人のほうがいい」「家事は、分担してくれる人がいい」「結婚しても今まで通り仕事をしてもいいと言ってくれる人がいい」「美にお金をかけてもいいと言ってくれる人がいい」など、自分の意見が通る結婚なら、結婚してもいいと思う人も多いようです。

 

なんとなく付き合って結婚するならいいけど、付き合って別れてしまい、歳だけとってしまうということになるのを恐れて、なかなか恋愛できないということもあるようです。
男性からしてみれば、「付き合ってみて、ずっと一緒にいたいと思えることができたなら結婚を」と考えていても、アラフォー女性は、「私にはもう時間がないの」という理由で、なかなか恋愛がうまくいかないこともあるようです。

 

独身アラフォー女性の恋愛=結婚という意識が高いので、恋愛を躊躇している人が多いのは確かです。

2015/09/03 20:02:03 |

独身アラフォー女性が苛立つのはまず「独身アラフォー」という言葉そのものでしょう。「アラフォーにもなって結婚してない」ことを非難する言葉、自身を否定する言葉のように聞こえてしまうのです。もちろんそれは独身であることを本人がネガティブにとらえているか、周囲から否定的な目で見られているかのどちらかです。さほど気にしていない女性もいるでしょう。仕事をバリバリこなし、趣味を楽しみ、自分の人生を肯定している女性は「独身アラフォー女性」という言葉にポジテイブなイメージを抱くはずです。が、そういう人は少数派かもしれません。

 

また、独身アラフォー女性がちょっと気になる言葉に「奥様」があります。
太陽光発電だのハウスクリーニングだののセールスの電話がかかってきた場合、
「失礼ですが、奥様でいらっしゃいますか」
「ご主人様か奥様はご在宅ですか」
と尋ねられるのです。こう訊かれると、さて、なんと返事をしよう、と独身アラフォー女性はしばし考えます。「奥様」とはもちろん人妻を指す言葉です。独身である以上、奥様ではありません。しかし独身アラフォー女性が家の家計を握っている場合もあります。一人暮らしの場合は間違いなくその家の主です。でも「奥様はいらっしゃいますか」と尋ねられると
「いえ、違います」
と答えることになります。すると電話口のセールスマンは続けます。
「ではお嬢様でいらっしゃいますか?」
お嬢様。なんだか、ますます違う気がします。だんだんムカついてきます。
「このセールスマンはどうして世の中には奥様とお嬢様しかいないと思っているのだろう」
と。
そういうわけで、独身アラフォー女性は「奥様でいらっしゃいますか」と訊かれたとたん、電話を切ってしまうのです。